calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

他社お勧め紹介

 





フジミ模型1/24 エンスージアストモデル ランボルギーニ カウンタック LP500R lambolghini countach LP500R(1/24 FUJIMI)製作記

0

    JUGEMテーマ:カーモデル

    IMG_4576.jpg

    趣味の模型です。興味のない方はスルーしてください

     

    フジミ模型のプラモデルキット「ランボルギーニ・カウンタック LP500R」エンスージアストモデルの製作記です。

    こちらのキットは、エンジンどころか細部までパーツ化されているキットで、組み立てるには根気と時間が必要だったりします。

    DSC_1388.jpg

    とりあえずエンジンを組み始めた私ですが、ここで約1年近く放置(笑)

    何故かというと、以前作ったクワトロバルボーレ(http://finocchio.jugem.jp/?eid=248)が頭にあり、

    マニュアル通り作るべきなのか、手を加えるべきなのか、迷っていたからでもあります。

     

    DSC_1372.jpg

    当初は、「普通に組む」としか思っていなかったので、ボディはもうここまで作っておきました。

    DSC_1387.jpg

    で、やはり手を加えたくなってきたので、エンジンフードのサイドの部分を開口してメッシュを貼る羽目に、、、

    DSC_1392.jpg

    パーツはある程度、塗装を終えていたわけです。

    IMG_4181.jpg

    エンジンにパイピングをしていくことになり、0.45mmのコードを指していきます。

    コードはただ取り付けるだけではなく、やはり這わせ方にも気を使うと一味違いますね。

    料理と共通するところかな?

    IMG_4261.jpgIMG_4273.jpg

    めんどくさいと言えば、めんどくさいのですが、コードを追加するとやはり違いますね。

    IMG_4260.jpg

    ブレーキ部分もマスキングをしてエアブラシで塗装します。

    私の場合は、よっぽどマスキングがしずらい曲面、点やロゴ以外はエアブラシで塗装しています。

    筆だと角には塗料が乗りにくいし、エアブラシの方がムラがないからです。

    IMG_4274.jpgIMG_4275.jpgIMG_4276.jpg

    このキット、ケースなどに固定するためのねじを埋め込む場所も限られるので、エンジンの底の部分にあらかじめ穴を空けて

    ナットを取り付けておきました。

    IMG_4277.jpgIMG_4257.jpgIMG_4278.jpg

    バッテリーに繋がるコードやタイヤを留めるベルトを追加し、IMG_4294.jpgIMG_4296.jpg

    エンジンには自作のパーツを追加しました

    IMG_4302.jpg

    IMG_4303.jpg

    なんだかよくわからんけど、弄った分だけ雰囲気出たりもします

    IMG_4308.jpg

    ちょっとしたところも、やはりマスキングをして塗装します

    IMG_4311.jpgIMG_4310.jpgIMG_4309.jpgIMG_4312.jpg

    フロアマットは勝手にランボルギーニの闘牛のマーク入り

    これでシャーシはほぼ完成

    IMG_4345.jpgIMG_4346.jpgIMG_4347.jpg

    で、やはりLEDは埋め込むようかと思い、まずは穴を空けます。

    IMG_4348.jpg

    今回はフォグも!

    IMG_4363.jpg

    ポジションライトも取り付けます

    IMG_4364.jpg

    リアはこんな風に

    IMG_4367.jpg

    ヘッドライトは配線の都合もあり、外側だけにしました

    IMG_4368.jpgIMG_4369.jpg

    ちょっといい感じかも?

    IMG_4396.jpg

    テールランプは、メッシュ状のたばこの銀紙を切り取って裏側に貼り付けます

    IMG_4418.jpg

    ドアの内貼り、

    こんなところもマスキングをして塗装します

    IMG_4419.jpg

    すると、こんな感じ

    IMG_4420.jpg

    ドアはヒンジを作って、カウンタック独特の先端の部分がボディの内側に食い込むように取り付けます

    IMG_4421.jpg

    プラの厚みがあるので、こんなところが限界かな?

    とりあえず、しっかり付きました。

    IMG_4422.jpg

    LEDに抵抗をつけたら大変なことに、、、、

    IMG_4423.jpgIMG_4424.jpg

    IMG_4437.jpg

    お、収まるのか不安になってきました、、、

    IMG_4438.jpg

    ライトが下がりすぎないようにサイドの部分にネオジウム磁石を取り付けます

    IMG_4439.jpg

    IMG_4441.jpg

    やはり、コードが収まりません。

    もう、あきらめてこれで良し

    IMG_4442.jpg

    閉まるのか心配でしたが、何とかなりそうです

    IMG_4448.jpg

    ホイールの黒い部分を塗装。

    こういう部分を筆塗りしてしまうと、せっかくの模型が台無しになってしまう気がします。

    IMG_4507.jpg

    で、はめてみると、なんだか前輪が高すぎるような?

    ということで、加工することに

    IMG_4508.jpg

    約2mm位詰めます

    IMG_4509.jpg

    ま、こんなかんじですかね?

    IMG_4510.jpg

    あとは細かな部品をつけて完成です

    IMG_4511.jpgIMG_4512.jpgIMG_4513.jpg

    トランクのレバーは自作のシールです。

    ドアにはパッキンも付けました

    IMG_4517.jpg

    ホイールナットにはインセクトピンを使いました

    IMG_4515.jpgIMG_4516.jpgIMG_4520.jpgIMG_4521.jpgIMG_4522.jpgIMG_4523.jpgIMG_4524.jpg

    IMG_4530.jpgIMG_4531.jpgIMG_4533.jpgIMG_4534.jpg

    ワイパーはエッチングパーツに変更しました

    IMG_4535.jpgIMG_4536.jpgIMG_4537.jpg

    ということで、外で撮影です

    IMG_4559.jpgIMG_4560.jpgIMG_4561.jpgIMG_4562.jpgIMG_4563.jpgIMG_4564.jpgIMG_4566.jpgIMG_4567.jpgIMG_4577.jpgIMG_4579.jpgIMG_4585.jpgIMG_4586.jpgIMG_4587.jpg

    なんとか格好良く出来上がりました!

     


    コメント
    コメントする