calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

他社お勧め紹介

 





ランボルギーニ イオタS.N.4892 シーサイド イオタSVJ(1/24 HASEGAWA改)製作記

0

    JUGEMテーマ:カーモデル

     

    趣味の模型です。

    興味の無い方はスルーしてください

     

    ハセガワのプラモデルキット「ランボルギーニ イオタSVR」に手を加えて、SVJシーサイド イオタに仕上げてみました。

     

    SVRをSVJにすると言う事は、大きく張り出したフェンダーを元のSVミウラの形に戻すという事です。

    フェンダーは、V字方にカットして狭めてから接着してエポキシパテで埋めます。

     

     

    捨てサフを塗りながら段差をなくして

    こんなふうに仕上げていきます。

    エンジンは、エアクリーナーの付いたタイプなんですよね。

    手前ミウラ、奥SVJ

    何時もながら、途中で写真を撮るのも忘れて、ただの製作記録、、、

    LEDを取り付けたのです!

    LEDは、ミウラより楽だ〜!

    リアにも勿論付けました

    ライトカバーのリベットは、インレットマークを貼り。

    エンブレムもインレットマークに置き換えました。

    このイオタの特徴は、ライトの所のシルバーが、メッキではないごく普通のシルバー

    テールランプの境い目は、ハセガワのミラーフィニッシュの細切りを貼りました。

    リフレクター部分には、点灯用の穴を開けています。

    当時の「SSSA」のステッカー、ナンバープレートはインクジェットで作りました

    「lamborghini」のロゴは、エッチングパーツを取り付けました。

    ワイパーは、SV用のワイパーです。

    アンテナは元の部分だけ残して、真鍮線を取り付けました

    ホイールは、SVミウラのもの。

    つまり、SVミウラとSVRイオタのキットの2個1です。

    SVRをSVJに変更したフェンダー。

    上手く仕上がりました

    フロントスポイラーは、黒から赤、赤から黒??に塗り替えられるのですが、黒の時の仕様と言う事で

    オレンジ過ぎない赤に塗ってます。

    メッシュの部分はエッチングパーツを貼っています

    なかなか雰囲気いいですね、

    変な所に反射板があるんですよね

    なんとかカッコよく出来上がりました!

     

     

     


    コメント
    コメントする